読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラ・リーマンの読書備忘録

本好きな管理人が本を読んでみてあれこれやってみるブログ

『これでいいのだ!瀬尾ごはん』(瀬尾幸子著、ちくま新書)の「猫飯」と「オニオンスライス」を作ってみた

昨日、コレド室町へ買い物へ行く途中でかつおぶし専門店の「大和屋」という店を見つけた。店内には色んなかつおぶしが置いてあったが、その中の「ごはんにかけるかつおぶし」がとても気になった。ホカホカのご飯にこのかつおぶしをかけて、さらにそこへ醤油をたらし…なんて想像をしていたら、いてもたってもいられなくなり思わず買ってしまった。いわゆる普通の猫飯(ねこまんま)ではあるが、前に食べたのはいつかも思い出せないくらいだったので久しぶりに食べたくなった。

 

こちらが今回買ったごはんにかけるかつおぶし。開封後は冷凍保存というのが意外だった。

f:id:bookreviewerjp:20150929011437j:image

 

商品詳細

www.katsuobushi.net

 

実は先日購入した『これでいいのだ!瀬尾ごはん』にも猫飯が紹介されているのだが、なんとこの猫飯には玉葱マヨネーズが乗っている。意外な感じはするが、この斬新な組み合わせを体験すべく、瀬尾さんレシピのお世話になることにした。

 

しかし、毎回毎回1品だけというのは物足りない。ほかに何か手軽に作れるものをと思い本をパラパラとめくっているとオニオンスライスがよさそう。材料は玉葱、かつおぶし、卵黄、醤油。玉葱は玉葱マヨネーズの残りを使えばいいし、かつおぶしもある。というわけで今回作った猫飯とオニオンスライス。

 

 f:id:bookreviewerjp:20150929112125j:image

 

玉葱を切ること以外に手間はかからないのに、とても美味しい。猫飯と玉葱マヨネーズの組み合わせは抜群に合う。オニオンスライスも玉葱のサッパリさに卵黄のまろやかさが加わってこれまた美味。こんな手軽に満足感のある料理が作れるなら、自炊も続けられるかもしれない。

 

 今回の参考書籍。まだまだ作ってみたい料理がたくさんなので、これからもたくさんお世話になる予定。

これでいいのだ!瀬尾ごはん: 台所まわりの哲学 (ちくま新書)

これでいいのだ!瀬尾ごはん: 台所まわりの哲学 (ちくま新書)