読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラ・リーマンの読書備忘録

本好きな管理人が本を読んでみてあれこれやってみるブログ

『男と女のホットサンド』(バウルーホットサンドカフェ著、グラフィック社)の「伯爵の?モンテクリスト」を作ってみた

健康 料理 読書

数年前から愛用しているサンドイッチトースターの「バウルー」。たまたまそのレシピ本があるのを知り、すぐさま書店へかけこんだ。パラパラとめくってみると、定番のものからちょっと変わったものまで幅広く紹介されていて面白かったので買うことにした。

 

ちなみに私が使っている「バウルー」は焼いたあとに2等分しやすいダブル。でもこれから色んなレシピを試すなら、パンをそのままの形で焼き上げる「シングル」も買ったほうがいいなと思い、そのまま東急ハンズで「シングル」も買ってしまった。

 

我が家のバウルー。左が新しく買ったシングル。 

f:id:bookreviewerjp:20151002111747j:image

 

レシピ本をじっくり読んでみるとどれもとても美味しそう。でもその中でもひときわ目を引いたのが「伯爵の?モンテクリスト」。卵液に浸したパンにハムとチーズを挟んで焼く。想像しただけでたまらない。次の朝食には絶対これを食べよう。と思ったところまでが昨日の話。

 

モンテクリストのレシピ。書籍で紹介されている内容とほんの少し異なるがそこはご愛敬。

www.bawloo.com

 

そんなわけで今朝はいつもよりも少しだけ早く起きて、モンテクリスト作りの準備を始めた。卵液にパンを浸し、タイミングを見計らってバウルーを温めバターを溶かす。そして卵液を吸ったパンをバウルーにセットし、ハムとチーズを挟んで焼き上げる。その間ただよってくる香りのよさが食欲を刺激する。

 

出来上がりはこちら。

f:id:bookreviewerjp:20151002111823j:image

 

こんがり焼けたパンはサクッと、とけたチーズはトロッとの組み合わせがたまらなくよい。そして適度にボリュームもあるので、パン食にありがちな物足りなさはまったくなく大満足。ウェブに載っていたレシピには「卵液を吸わせたパンの内側にマヨネーズを塗れば、更にボリュームアップ。本場・北米的な味わいになります!」と書いてあったので、今度はこれも試してみたいと思う。

 

 今回の参考書籍。ホットサンドの定番といえるようなものから、「そんなのもアリなんだ?!」と思えるものまで幅広く紹介されている。バウラーでなくともホットサンド好きにはたまらない1冊。

男と女のホットサンド 作ってあげたい、一緒に作りたい“アツアツレシピ”

男と女のホットサンド 作ってあげたい、一緒に作りたい“アツアツレシピ”

 

 

 ダブルは焼いたあと簡単に2等分できるのがよい。

サンドイッチ・トースター  ニュー・バウルー(ダブル) BW02

サンドイッチ・トースター ニュー・バウルー(ダブル) BW02

 

 

パンをそのままの形で焼き上げるシングルは具がたくさん入るのがよい。

ホットサンドメーカー ニュー・バウルー(シングル)BW01

ホットサンドメーカー ニュー・バウルー(シングル)BW01