読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラ・リーマンの読書備忘録

本好きな管理人が本を読んでみてあれこれやってみるブログ

『男と女のワイン術』(伊藤博之・柴田さなえ著、日経プレミアシリーズ)にワインと料理のマリアージュを学ぶ

先日、ワインの選び方について学んだ私は早速近所の酒屋さんでワインを買うことにした。赤と白のどちらにするか少し迷ったが、あまり飲んだことのない白に挑戦してみることにした。もちろん買うのは※「マコン」である。

 

※なぜマコンを買うか知りたい方はこちらの投稿をぜひ。

bookreviewer.hatenablog.jp

 

せっかくワインを買うのだから、食事と一緒に楽しみたい。そこで再び『男と女のワイン術』(伊藤博之・柴田さなえ著、日経プレミアシリーズ)を参考にして、白ワインに合う料理をチョイスしてみようと思う。

 

以前は、赤ワインには肉、白ワインには魚くらいしか知らなかったが、ワインと食事の合わせ方は実はとてもシンプルである。いくつか法則はあるが、一番簡単なのは素材や料理の色にワインの色を合わせる方法である。これはもともとの素材の色だけではなく、調理後の表面の色や、タレ・ソースの色も考慮する必要がある。なので、肉なら必ず赤ワインではなく、焼き鳥の塩など色が白いものは白ワインを合わせ、タレならば赤を合わせるのである。

 

というわけで私は今回、白ワインに豚しゃぶを合わせてみることにした。豚しゃぶのときはだいたいビールやレモンサワーばかりで、ワインを合わせたことはない。本当に白ワインと豚しゃぶは合うのだろうか…そんなことを思いながら火の通った豚バラをポン酢にひたし、口へ運ぶ。そしてドキドキしながら白ワインを飲んでみると、これが抜群に合う。互いにサッパリしていて強い味わいではないのがちょうどよいのか、豚しゃぶも白ワインもどんどん進んでしまう。あまりの相性のよさに結局はワインボトル1本を空けてしまった。

 

買ってきたマコン。色あわせの法則に従い豚しゃぶと合わせてみた。その組み合わせは文句なしに美味い。

f:id:bookreviewerjp:20151207212250j:image

 

これまでは何の知識もなく、ただなんとなく飲んでいたワインであるが、ちょっとした知識があるととても楽しめることを実感。今度はボルドーメルローを買ってきて、食事と一緒に楽しんでみたいと思う。

 

今回の参考書籍。

男と女のワイン術 (日経プレミアシリーズ)

男と女のワイン術 (日経プレミアシリーズ)

 

 

第2弾ももうすぐ発売されるみたいなのでとても楽しみである。